【購入して寝比べ!】モットンとエアウィーヴ どっちが腰痛に効果があるの?

 

 

腰痛や肩こりに悩まされている方はとても多くおられます。
朝起きた時に腰が痛い・・・仕事の疲れが取れていない気がする・・・
というような悩みは、実はマットレスが深く関係している可能性が高いのです。

 

このマットレスは、腰痛に悩む方の場合、特に注意して選ぶ必要があると言われています。
というのも、マットレスによっては腰痛を悪化させてしまうものがあるためです。

 

腰痛対策に効果的とされているマットレスは、高反発マットレスです。
寝ている間の姿勢をしっかりサポートし、寝返りがうちやすく
血流が滞るのを防ぎ、筋肉の疲労を予防することが出来るという点がポイントなのです。

 

この高反発マットレス、今では様々な商品が販売されているために、
どの商品を購入すればいいのか迷ってしまうことも多くなってきました。

 

実際に、モットンとエアウェーブを使った私が、効果を比較して紹介しようと思います。

 

◆モットンvsエアウィーヴ

 

では早速、モットンとエアウィーヴ、この両者を比較してみましょう。
対象となるのは、以下の商品です。

・モットン/シングル
・マットレスパッド エアウィーヴ/シングル

○価格は?

 

まず初めに、気になる価格から見ていきましょう。

 

モットン エアウィーヴ

 

 

モットン・・・39,800円(税込・送料無料)

 

 

 

エアウィーヴ・・・39,600円(税込送料無料)

 

 

モットンとエアウェーブでは価格にそこまで違いはありません。

○厚さは?

 

では、商品の厚さはどの程度になっているのでしょうか。
あまりに薄すぎるマットレスでは、腰痛改善は期待できないと言われています。

 

 

モットン エアウィーヴ

 

モットン・・・cm

 

エアウィーヴ・・・4cm

厚さはモットンの方がエアウィーヴの倍くらいの厚さがあります。
いずれも折りたたみが可能で、1ヶ月に何度か行いたいメンテナンスの際にも場所をとりません
ベランダで干したいと思った際にも、楽に持ち運べると言えます。

○重さは?

持ち運ぶといえば、重さも気になるところです

モットン エアウィーヴ

 

モットン・・・4.4kg

 

エアウィーヴ・・・3kg

 

重さに関しては、モットンの方が重いという結果になりました。
1ヶ月に数回メンテナンスを行うとして、小柄な方には少し難しい重さかもしれません。
ただ、重くても薄めとなっている分、そこまで辛くはないとも言えます。

○特徴は?

 

では、それぞれの商品の特徴を見てみましょう。

 

モットン・エアウィーヴの両者ともに、一言では言い表せないほどに多くの特徴があるため、
今回は公式サイトにおいて一番押されていると感じた部分を比較してみます。

 

モットン エアウィーヴ

 

モットン・・・寝返りがうちやすい

 

 

エアウィーヴ・・・疲れを効率よく取ることが出来る

 

 

モットンは腰痛対策マットレスとして売り出されている商品です。
自然な寝返りをサポートするための反発力が研究されているため、寝返りが打ちやすくなっています
寝返りが打ちやすいということは、体圧を分散させ、血流が悪くなる事を防ぎ、
腰痛や肩こりなどを悪化させないということになります。

 

エアウィーヴは、体圧を分散させることで正しい姿勢を保つ事が出来、疲れが取れやすい商品です。
復元性が高く、肩の部分が柔らかくなっており、熟睡しやすく、負担が軽減されるマットレスです。

 

○保証は?

 

保証についてはどのような違いがあるのでしょうか。

 

モットン エアウィーヴ

 

モットン・・・
90日間返品返金保証
使用していてもOK

 

エアウィーヴ・・・
30日の返金保証付き
正し使っていたり汚れがあってはダメ

 

 

どちらの商品にもしっかりと保証が付いています。

 

モットンの場合、90日間試してみて自分に合わないと感じた場合、返品と返金が可能です。
ただ、90日間経過しなくては返品することは出来ません。
これは、効果を実感するまでの日数は人によって個人差があるために、
90日間は試して欲しいという意図があるためです。
詳しくは、モットンの返品方法についてを読んで下さい。

 

エアウィーヴの場合、30日以内であれば返品・返金が可能となっています。
ただ、使用していた場合や汚れがついたいた場合は返本保証ができないので
実際に使用して返品の時には注意が必要です。

 

素材の違いは?

 

モットン エアウィーヴ

 

 

 

 

モットンの中の素材とエアウィーブの中の素材を出してみました。

 

モットンの中の素材は、NASAの宇宙開発で使われている高反発素材です。見た目はコンニャクみたいですが高反発で通気性もあります。

 

エアウィーヴの中身ですが、透明の素材で通気性はありますが、この素材自体にクッション性はないようですが、通気性ば抜群に良いのが分かります。

 

実際に4人に試してもらい感想を比較しました。

 

1人目 このサイトの管理人です。

 

身長 153cm
体重 56kg
年齢 50歳
体質 少し筋肉質
交通事故で首を負傷して首が骨化していく難病(後縦靱帯骨化症(OPLL))にかかり、首からくる腰痛で悩んでいました。実際にモットンとエアウィーヴの両方で寝た感想です。

 

 

実際にこのように横向きになった時に違いがよくわかります。

 

管理人の感想

エアウィーブのマットレスは、厚さが薄いので少し硬く感じてしまいます。
実際に、横向きになって寝た時の感想ですが、エアウィーブのマットレスは厚さが足りず体重分散が出来ていないように感じました。その証拠に腰の部分が十分の沈みがない状態になり、首より上に腰骨が来るようになっています。逆にモットンの場合は体重分散が出来ているので、肩と腰の両方が均等に体重分散されている事が分かります。

 

実際に私は事故にあってエアウィーブを数ヶ月使っていましたが、私の腰痛は改善されませんでした。
その後にモットンに変えてからは腰痛が改善されているので私はモットンの方が体にあっていました。

 

二人目 サイトの管理人の息子

 

仕事から腰痛になりやすい仕事で少しでも腰痛が改善して欲しいと願う毎日だそうです。
身長 174cm
体重 60kg
年齢 29歳
体質 筋肉質

 

 

息子の感想

 

エアウィーヴが全く体にあいませんでした。固くて床にエアウィーヴをひいて寝たのですが、床に時下で寝ているような感覚になりました。実際に写真を見ても分かるように肩の部分も全く沈みこみがないため、肩が内側に入ってしまうために、全体的にまるみを帯びた体制になってしまい、首から腰骨はまるみをおびた体制になってしまいました・・・。

 

逆にモットンは肩と腰の沈みこみもスムーズで横向きになった時もキレイに首から腰骨が真っすぐに
なっている事が分かりました。断然モットンの方が寝やすく感じました。
体重分散がしっかりできるか、できないかは結構重要ですね。

 

 

整体師の先生

 

身長 158cm
体重 53kg
年齢 44歳
体質 やや筋肉質

 

 

先生の感想

エアウィーヴはとにかく固く、固いからといって体を反発して寝返りを補助してくれるという働きもなく少し残念に思います・・・。ただ通気性がよくポリエステル繊維なので洗濯できるのがうれしいです。

 

モットンの方は反発があり寝返りが楽に打てる印象でした。横向きの姿勢が一番骨盤部分に負担がかかりやすい体制なのですが、写真を見て分かるように、適度に沈んで体重分散されている事が分かります。

 

 

 

 

整体師の先生のお母さん 

身長 148cm
体重 43kg
年齢 70歳
体質 小柄

 

 

先生のお母さんの感想

 

エアウィーヴは、とても固く感じでしまい肩に床がささっている感じに感じました。
実際に寝てみた感想は、固いので熟睡は出来ません・・・また、骨に響く感じがして筋肉量が落ちてきているこの年齢で、エアウィーブは少ししんどく思いました。

 

モットンは高反発なので押し上げてくれる力があるのが分かります。ただ、寝返りを打とう思う時に、反発力が強すぎて逆に寝返りがしずらく感じました。筋肉量が落ちてきているので、高反発マットレス自体が体に合わなくなってきているように思います。

 

 

モットンとエアウィーヴどっちがいいの?

 

実際に体験談をしてもらい、エアウィーヴの方は固さが気になる人が多いように感じました。腰痛の効果はあまり期待できず、今使用しているマットレスの上に引くという使い方などになるかと思います。
逆にモットンの場合は4人中3人が腰痛改善に期待できると応えました。ただ、筋肉量が落ちてきている少し高齢の方には高反発マットレス自体が合わない事が実験の結果で分かりました。

 

腰痛を改善するのであれば、やはり返品保障のついているモットンの方が安心ですし、実際の
体験談の評価も高かったです。

 

 

 

モットンの口コミは本当?実際の体験談

モットンを実際に体験&検証した結果・・・